いっちゃった!!川崎マリンエンデューロ

f0187112_1672653.jpg




たしか初レースの去年の新東名100kmは徹夜明けで行き、会場で準備してボヘーっとしてたら自分のクラスがスタートしてたったという超ズッコケなヤツでした。試合に遅刻するもの勝者たる資格無し。〆切守らぬもの漫画家としてなんとやら。
そして今年2012年はツールド八ヶ岳、富士ヒルクライム、FSW富士チャレンジ200とオール〆切明けの体でノットスタート。
そして今年の最後のレースとしていた川崎マリンエンデューロは奇跡的に2日前に原稿が仕上がり晴れて参加と相成りました!!思いっきり練習不足だけどね!!
〜当日〜
晴れて参加と書きましたが超ウソ。車に自転車を載せていたら雨が結構な勢いで降り出し早くも泣きそう。
しかしながら川崎の東扇島のレース会場に向かうにつれ雨脚は弱まり会場に着けばほぼ曇り空。
普段の微妙な行いが天気にも反映されていてグー。
自転車はいつものライトスピード、アルコンにENVEの1.65クリンチャー×パワータップG3(微妙に重くてタイトコーナーと立ち上がりはしんどかった。)

〜スタート〜
このレースには自転車でどこまでも走る人たちが集まる同人誌の仲間、ロングライダースとしてエントリー。東京→大阪や東京→大阪→東京(1075km!!)を一気に走ったりしてるキャノンボール走のカリスマ、Baruさんとチームでの出走。
Baruさんは午前も出走でどんだけ自転車好きやねん。と思ってたけど午後も気迫の前走を7位で通過。強い。好順位でナイロンにバトン代わりのセンサー内蔵バンドが渡されます。
ここは余計なボケもなくさっさとスタートです。

〜レース〜
自転車のレースというのはなるべく集団で走り、先頭交代しながら空気抵抗を減らし速いペースを保つというのがセオリーです。
ところがコースに出るとタイミング悪く大きな集団からは外れてしまった感じ。必死に遥か前方に見える東京理○大のチームを追いかけます。
必死で追いつき「(ローテーションで)まわそー!!」と声を掛け小さな集団に加わります。
そのまま集団の先頭に登り38~39くらいを目安に集団を牽きます。
そのまま1週...少し苦しくなってきました...次に先頭交代をしたいが先頭に上がって来てくれる気配無し。
そのままもう1週でなんとか理○大に先頭交代。
その間、ペースの合いそうな人に声を掛け集団を作る。
6~8人ぐらいで回しながらいくが20分くらい走った所でぽろぽろと集団から離れて行き結局一人旅になってしまう。

向かい風で心折れそうになるのを前傾姿勢でやり過ごす。反対側のコースを折り返して来たメイン集団の位置から判断するとるとナイロンは4~5分くらいの遅れ。残り時間から判断してもちょっと追いつくのは難しいがゴールまでこの集団に追いつかれまいと必死で踏んだ。

そしてなんとかゴール!!えっ?5位?
そしたらなんと表彰式でオマケでステージに登れるくらいの順位だというじゃありませんか。
ビックリ。でもチーム走は選手交代のタイミングなど運の要素もあるのでラッキー入賞か?
ひとまず賞状と副賞のエネルギードリンクなどを頂きご満悦。Baruさんも力走おつかれさまです。

来年のマリンエンデューロは是非優勝を狙いたい...出られるように必死で仕事がんばろう!!
f0187112_1664754.jpg

[PR]

by n_y_l_o_n | 2012-10-30 16:15 | 趣味の自転車